ブログトップ
daaas.exblog.jp
豊雲記念館 ヨドコウ迎賓館 ストロングビルディング
(昨日の続き)次に向かったのは清家清の「豊雲記念館」
b0068959_23163416.jpg
小原流三世家元である小原豊雲の資料と、彼の収集物であるアジアや南米の民族資料が収められた記念館で、春と秋のそれぞれ約20日間のみ一般公開されている。b0068959_2317109.jpg
今回は特別に見せて頂いたのだが、内部は南米的な濃い暗さに支配されている。
外はまだ肌寒い初春の日差しの筈だが、うねる曲線状の庇や、陶器製多孔ブロック越しの光線は南米やアジアを彷彿とさせ、収蔵品と良くマッチしておる。
ただ、多孔ブロックでも光線は遮りきれず、展示品が傷むので普段はロールスクリーンが下がっており、一部を空けたりして対処しておるもよう。b0068959_23262977.jpg
その後旧山邑邸 (ヨドコウ迎賓館)へ。こちらは内部撮影不可。
b0068959_23173728.jpg
やはりなんといってもスケールの操作が卓越、真似できませんな。しませんけども。増築を重ねた日本旅館のように奥へ奥へと誘われ、ひとつひとつが小さなドアのように見える通風用の窓など内部も独特の感覚に貫かれていて、一つの世界を形作っている。
b0068959_232715.jpg
最後に神戸市役所裏の立体駐車場 ストロングビルディングに。竹中工務店の設計だが、街中でよくある平凡な立体駐車場とほぼ同じ予算で、つきつめて設計した結果、美しい建築になっている。b0068959_23272946.jpg
ありえないくらいに細い柱と、梁のないフラットなスラブで構成され、実に爽やか。個人的には少し格好良すぎるので、も少し崩したい気がするよ。いや、後で付けられた看板とかは残念な感じなんだが。
[PR]
by daaas | 2009-03-26 23:33 | 建築探訪
<< 撮影!撮影!結婚式!来訪! 鉄の教会~神戸新生バプテスト教... >>